BBL光治療をしてきました!

今日は、いつもお世話になっているクリニックで「BBL光治療」をしてきました。

BBLはわたしも初めてだったので、いろいろと分かったことを書きますね。

BBLは「ブロードバンドライト」という光のことだそう。

くすみ抜けとハリUP、いつでにシミ取り、で、何よりも将来の若さキープをねらって、行ってきました。

BBL光治療の体験を口コミします^^

 

BBLは、上にも書いた通り、「ブロードバンドライト」という光のことだそうですが、それは「IPL」という光だそう。

「光フェイシャル」「フォトフェイシャル」とかいうのに大きく分類されるのかなあ?

う〜ん、こういう言葉の使いわけがちょっと分からないなあ。

 

わたしが言えるのは、エステのと医療用のとは違うと思うので、その辺は気をつけてくださいね。ってことです^^

BBL光治療とは?

心惹かれたのが、このフレーズ。

「年に1〜2回のBBL照射で、9年後にマイナス11歳の見た目を目指せる」

 

これね、理想ではなく臨床データとして出ている結果らしいんですよ。

いろんな条件があってのことでは・・?とか思うんだけど、マイナス11歳の言葉の威力にやられました(笑)。

 

ということで、将来への長期的な投資として受けてきたわけです。

なので即効性は求めていないんだけど、それもあれば尚最高!

年に1回でも意味があるみたい!

通常、こういう光治療系って5回くらいセットでやらなきゃ効果ないって言われるよね。

それで診察のとき先生に確認してみたんだけど、BBLの場合は「年に1〜2回でも意味はありますよ。」って言ってもらって一安心。

 

主治医の先生から受けた「BBLとは?」の説明をちょっと下にメモします

 

・肌表面のシミをとることができる

・肌の内部のコラーゲンを増やしてハリをUPさせることができる

・シミは直後から「かさぶた」になって取れてくるんだけど、そうならないからといって効果がないというわけではない

・やけどのリスクはあるけど、当院では今のところありません

・年に2回だけ受けるのなら、続けてではなく半年おきに受ける方がより効果的かも

 

‥と言っておられました。

 

BBL、ちょっとだけ痛いけど大丈夫!

さて、いよいよ施術台に!

担当してくださるのは、優しそうな看護師さん。

施術台に横になると、心臓がドキドキ・・。

私:「い‥痛いですか?」

看護師さん:「それほどでもないと思うんだけど。私は脱毛の方がよっぽど痛かったですね。でもなかにはハイフよりもBBLが痛いって言ってた人もいて。痛みの感じ方って人それぞれなんですよ〜」

 

ジェルを顔中に塗ってもらって、いざ照射!

バチッ!!

と目隠ししてるなかまで赤い光が入ってくる。

 

「あ、そんなに痛くない」

わたしは大丈夫な種類の痛みでした。

ハイフみたいに奥にズンズン響く痛みじゃなくて、脱毛みたいに表面をパチッとはじかれるような種類の痛み。

なんとなく、脱毛よりも浅いところで弾かれるような印象。

 

シミが濃い部分はちょっとだけ痛さが強かったけれど、それでも十分耐えられる範囲でした^^

よかったぁ〜。

シミをこれでもかってくらい追撃する

 

まず全体に照射してもらってから、2周目は細かいヘッドで小さいシミを直接バチンとやってくれるの。

全対照射が、半顔で10回で終わって、拍子抜け。

ハイフとかはこれでもか!ってくらいに細かく照射するからね。

そういう意味でも耐えやすい治療。

 

2周目のシミ撃退が終わったら終わりかと思いきや、さらに3周目をやって反応が低かったシミを追撃してくれるという。

わたし、シミの数はそこまで多くないと思ってたんだけど、2周目と3周目、それぞれ100発近く打ってくれたんじゃないかなあ・・??

 

これは結果が楽しみだわ。

看護師さんもおそらく熱心な方だったんだと思う。

感謝です^^

BBLでほくろもとれちゃうかも・・!

そうそう、わたし、とりたくないホクロがあったんだけど、照射されてから「あっ」て気付いて・・。

もう何もいえず。

なので、そういうホクロがある人は事前に伝えておいた方がいいですよ〜!

BBL受けた直後の肌は・・?

受けた直後、鏡をみてもそんなに変わりはないような・・。

でもよーくみると、一番濃かったシミがさらに濃くなってかさぶた化しそうな気配が。

当日直後のいまのとこは、変化それくらいかなあ。

 

コラーゲンを増やしてくれるってことだから、ハリとかアンチエイジング的な効果はおそらく時間をいて出てくるんだろうね、きっと。

楽しみに待ってみます^^

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました